MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

夜勤ありの看護師が覚えておきたいダイエットのルール

看護師は外来勤務よりも病棟勤務の方が人数が多く、夜勤に入っている看護師の方もかなり多いと思います。

夜勤があると日常生活は不規則になりますし、仕事のプレッシャーによってついつい食べ過ぎてしまうことがありますね。

不規則な生活の上に摂取カロリーが高くなれば、太ってしまう可能性も高くなります。このため、意識して摂取カロリーに気をつけたり、プライベートな時間で運動を行う必要があります。

そこで今回は、夜勤がある看護師さんの方々に向けて、ぜひ覚えておきたいダイエットのルールをまとめてみました。役立つポイントが1つでもあれば幸いです。

 眠る前の2時間以内に、高カロリーなものは食べない。

眠る前に高カロリーなものを食べてしまうと、脂肪として体内に蓄積されやすくなります。また、近年は糖質が多いものも、脂肪になりやすいことが明らかになっています。

少なくても眠る前の2時間以内は、高カロリー・高糖質なものは食べないようにしましょう。また、これは夜だけでなく、夜勤明けで日中眠る時も同様です。

 適度に筋トレを行い、基礎代謝を上げる。

筋肉が付きすぎるのを嫌う方も多いと思いますので、適度な筋トレを行いましょう。細くしなやかな筋肉を付けるためには、少ない負荷で多い回数の筋トレを行うのが良いとされています。

筋肉量が増えると、何もしていない時でも消費されるカロリーが多くなります。これにより、太りにくい体を作ることが可能です。

 2食連続での高カロリーな食事は避ける。

高カロリーな食事を2食続けると、どうしても体に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。このため、高カロリーな食事をした次の食事は、低カロリー&抵糖質のものを選びましょう。

 生活の中で運動を積極的に取り入れる。

エレベーターは使わずに階段を利用する、スポーツジムに通うなど、日常生活の中に積極的に運動を取り入れていきましょう。これにより、生活にメリハリも出てきて、いざ眠ろうと思った時の寝つきも良くなります。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク