MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

看護師転職サービスの利用が向いていない人

看護師転職サービスは看護師が転職する時にとても役立つものです。しかし、転職を考えている方の中には、看護師転職サービスの利用が向いていない人もいらっしゃいます。

まだ時が熟していなかったり、自分で地道に転職活動をした方が良い場合ですね。具体的には、以下のような状況が該当すると思います。

 まだ退職するかどうか決め兼ねている場合

転職をしたいという想いが明確になっておらず、退職しようかどうか迷っている状態です。このような状況では、転職先に対しての具体的な条件やイメージが出来上がっていないと思います。

このため、せっかく看護師転職サービスを利用しても、迷いが生じてしまってキャリアコンサルタントの方をやきもきさせてしまう恐れがあります。

 自分で医療機関に問い合わせたい積極的な人

初対面の人とのコミュニケーション能力に長けている人は、自分で医療機関に問い合わせて、求人に応募したがるケースがあります。自分で何でも出来てしまう人は、自分自身の力で転職活動を行った方が、スムーズに話が進む場合があります。

 転職希望時期がだいぶ先の場合

転職できる時期が半年〜1年以上先の場合は、キャリアコンサルタントの方もなかなか即座に対応できません。看護師転職サービスにはたくさんの方々が登録しており、転職を早く希望する人がたくさんいるので、そのような人たちを優先的にサポートしていきます。

このため、早すぎる登録は、十分なサポートを受けられない可能性が出てきます。

また、入職してから1年〜3年未満の場合は、転職すること自体を見直した方が良いかもしれません。勤務期間があまりにも短い場合、転職活動をしても「この人はまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまい、うまくいかないケースがあります。

もしどうしても短い期間で辞める場合は、面接官が納得できるだけの理由も付け加える必要があるでしょう。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク