MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

エネルギーと身体活動

私達人間は、何もしていなくても、毎日1000kcalのエネルギーを消費しています。

安静時に必要な最小のエネルギーは「基礎代謝」と言い、筋肉量が多い人は、
この基礎代謝も高いです。
そして、基礎代謝が高いほど、太りにくい体になります。
また、座りっぱなしの場合は、代謝量は低いと考えられがちですが、座っている場合でも
安静時の1.5倍は基礎代謝があります。

看護師として考慮しておかなければならないのは、食事療法を行っている患者さんの
エネルギーの目安量です。

肥満や糖尿病の場合は、低エネルギー食にしなければなりません。
各疾患とエネルギーの目安量の関係は以下の通りです。

適用疾患 エネルギーの1日の目安量
肥満 800kcal〜1600kcal
糖尿病 1200kcal〜1800kcal
脂肪肝 1400kcal〜1800kcal
高脂血症W型 1400kcal〜1800kcal
高尿酸血症・通風 1600kcal〜1800cal
慢性肝炎 1600kcal〜2000kcal
高血圧 1600kcal〜2000kcal
心臓病 1400kcal〜2000kcal

また、基礎代謝において、エネルギー代謝は肝臓が最も高く、27%もあります。
次いで脳が19%、筋肉が18%の順になります。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク