MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

保険薬局の内容

保険薬局とは、医療機関から受け取った処方箋をもとにして、健康保険を使って調剤をしてくれる薬局のことです。今現在は医薬分業が進んでいるので、病院や診療所等で診察が済んで後で、隣接している保険薬局で薬を受け取るケースが多いですね。病院や診療所の入り口付近に窓口を設けている場合もあり、門前薬局とも言われています。

この保険薬局は、名称として保険調剤薬局、処方箋受付薬局、基準薬局などがあります。また、最近ではドラッグストアの中で保険薬局を指定している店も増えているようです。ふつう、薬局というときは保険薬局を意味しており、一般医薬品を売っている場合は薬店と呼ぶ場合が多いです。

保険薬局の仕事は、医療機関からの処方箋を受け取り、薬剤の服用歴を調べます。そして他の医療機関で処方された薬剤との相互作用で副作用が起きる心配がないか、前のお薬と変化がないかなど、何かしらの問題がないか確認して調剤されます。

調剤後はその内容に問題がないかダブルチェックを行い、患者に薬剤の内容や飲み方を説明しながらお薬を渡します。その後は調剤簿に記録し、患者の次回の来局に備えます。

この保険薬局は、かかりつけの薬局であればあるほど、薬剤の相互作用のリスクを軽減させることができます。自分に処方してくれる薬局がいつも同じであれば、どんな薬を服用しているのかきちんと把握していますし、副作用が起きるような薬剤は決して処方されません。

しかしながら、今現在の日本で「かかりつけ薬局」はまだまだ浸透していません。ただ、いつも同じ医療機関で受診していれば、この問題はクリアーできそうですね。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク