MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

医療現場の大変な現状

医療の世界では、医療事故や医療訴訟、医師不足、医療財政の破綻、看護師不足など、色々な問題を抱えています。

これらの問題の背景には、2006年4月の診療報酬改定以降の病院経営にて顕著になっているケースが少なくありません。この改定は、医療財政の悪化を阻止するためのもので、医療費の削減と医療機関に対する選択を集中を投げかけるものでした。

今の病院は、医療政策によって強引に業界再編を迫られています。

以前、福島県の某病院では、出産中の大量出血で妊婦が志望してしまい、医師が逮捕されてしまうという大事件が起きました。この医師逮捕の事件は産科医だけでなく、医療業界に大きな影響を与えています。

それまでの医療事故による逮捕と言えば、カルテの改ざんなどの不正行為によるものと考えられていましたが、医療行為におけるミスで医師が逮捕されてしまったのです。

この事件は、医師不足に悩む地方での止むを得ない事態で、しかも予測が難しい状態における事故だったといいます。これをきっかけに、難易度が高い医療行為については、受け入れ拒否が起きるのではないかと業界内で懸念されているようです。

さらに、地方の病院では、医師不足によって救急医療が破綻状態になっています。特に東北地用の医師不足は深刻であり、医療法で定められた法定人員を満たせない医療機関が増えています。

医師不足は2004年の医師法改正によって、新しい臨床研修制度が導入されて深刻になったといいます。以前は意志免許を取得すると大学病院で研修していた医師が、この制度導入により大学病院以外で研修するようになったため、大学病院に人材がいなくなりました。そして看護師不足も深刻で、リクルートで勝ち組と負け組みが出ているようです。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク