MENU
病院やクリニックの内部事情に強い!看護のお仕事↓

遺伝子検査の概要と方法

私達の遺伝子は、遺伝疾患だけでなく、悪性腫瘍や白血病など、様々な病気の原因と関わっています。

人間の46本の染色体の上にはDNAが乗っており、そこに含まれている遺伝子や2万数千個もあると言われています。ヒトゲノム解析研究が急速に進められ、今では全てのDNAの一次構造が解明されています。

そして、現在は遺伝子レベルの病型診断を行い、確定診断が昔よりも劇的に容易になりました。また、親子鑑定などの個人識別や、体質を調べる場合にも利用されるようになっています。

遺伝子検査の方法は、まず血液や骨髄血を採取して、そこからDNAを抽出して調べます。

2万数千個もある全ての遺伝子を調べるのではなく、疑われる病気に関連した遺伝子に異常があるかどうかを調べるんですね。

目的とする遺伝子のDNAの配列に異常があるか、正常では見られない遺伝子配列があるかどうかを見ていきます。

遺伝子検査を含む、血液生科学検査や骨髄検査、細胞表面マーカー検査、骨髄染色体検査などの血液検査は、病気の確定診断のために必要なものを組み合わせて行われていきます。

近年の医療技術の急速な進歩によって、昔と比べてかなり容易になった検査も多いそうです。そのような検査法の進歩によって、医療チームは適切な治療法を選択できるようになりました。

福岡市 看護師 求人

スポンサードリンク